ポルシェセンター鹿児島ブログ

新しいスポーツEVの名は・・・

ポルシェは初の 純粋な電気自動車の生産が来年開始され、

モビリティの未来がさらに一歩近づきます。

その実現に向け、ポルシェの純粋な電気自動車を表現するため
現在“ミッションE”と呼ばれているコンセプトスタディモデルの正式名称が、


タイカン(Taycan)に決定いたしました。


この名称は、1952年以来、ポルシェ クレストの中心にある

跳ね馬 のイメージに基づいており、「生気あふれる若馬」を意味します。


「ポルシェの新しい電動スポーツカーはパワフルで高い信頼性を備えます。」

「長距離を確実に走行することが可能で、まさに自由を象徴する車です

と、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメは説明します。


東洋的な名称は、ポルシェ初のフル電動スポーツカーが、

ブランドのスピリットを供えていることを表しています。

この名称は、

「ポルシェ スポーツカー70周年のセレモニーの一環として発表されました。


モデル名に隠された真の意味 ポルシェのモデル名は、たいていの場合その特徴との具体的なつながりがあります。
ボクスターは、ボクサーエンジンとロードスターデザインを組み合わせたものです。

カイエン ・・・    刺激

ケイマン ・・・    鋭敏と俊敏性

パナメーラ ・・・ 標準的なグランツーリスモを超えて、

          かつてのカレラ・パナメリカーナのような長距離レースで

          勝する性能を持つことを意味。

マカン ・・・     柔軟性、パワー、魅力、およびダイナミクスの意味を含む

          インドネシア語の「虎」に由来。


タイカンは、ミッションEとして2015年のフランクフルト国際モーターショーで発表されたポルシェ初のEV。

4ドア、4セパレートシートを採用、440kW(600PS)のシステム出力により、
0-100km/h加速は3.5秒未満を達成。

最大航続距離は500km以上(NEDC準拠)


現在ポルシェ本社では、新しい塗装工場、タイカン専用の組み立てエリア、
塗装済みボディとドライブユニットを最終組み立てエリアに輸送するコンベアブリッジが現在建設中です。

エレクトリックドライブを製造するために既存のエンジン工場が拡張され、ボディ工場も増設されます。
ヴァイザッハ開発センターへの投資も予定されています。

ポルシェの魂を宿した初めてのフル電動スポーツカーが、いよいよ登場します。

ポルシェセンター鹿児島

ABOUT US ナカムラ自動車グループについて

ナカムラ自動車グループについて

ナカムラ自動車グループは、株式会社 ファーレン鹿児島、株式会社 ファーレン九州、株式会社ナカムラ自動車の3法人で形成される総合自動車ディーラーです。

USED CAR 在庫車情報

在庫車情報

ナカムラ自動車グループのフォルクスワーゲン、アウディ、ポルシェ、ジャガー、ランドローバー、MINI正規ディーラー車の高品質な中古車をご紹介しております。

RECRUIT 採用情報

採用情報

ナカムラ自動車グループの各拠点で、営業職、サービス・メカニック、サービスアドバイザー、ショールームアテンダントなど中途、新卒の採用を行っております。

ポルシェ正規ディーラー
MINI正規ディーラー
ジャガー正規ディーラー
ランドローバー正規ディーラー
Copyright © Nakamura Jidousya Group. All rights reserved.